【超簡単】楽天全世界株式インデックスファンドを運用した結果紹介

投資信託、ETF
スポンサーリンク

あなたは楽天全世界株式インデックスファンドは
簡単に運用できるしおすすめだよって
聞いたことはありませんか?

だけど具体的にはどんな商品か
分かりにくいという方もいると思います。

ばつねこ
ばつねこ

ばつねこ(筆者)も
そうだったよ。

そこで楽天全世界株式インデックスファンドを
ここでは具体的に紹介します。
この投資信託の購入を考えている方には
とってもオススメの記事
ですよ。

・楽天・全世界株式インデックス・ファンドとは?
・投資信託をどうやって運用しているの?
・楽天・全世界株式インデックスの運用状況
・楽天・全世界株式インデックスのまとめ

3分程度で読める内容なので
ぜひ読んでみてね。

スポンサーリンク

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとは?

全世界の株式に対して投資をする
インデックスファンドになります。

投資信託の中では低コストで
パフォーマンスも良い部類
になります。

概要

楽天全世界株式インデックスファンドの
概要を紹介します。

ベンチマーク:
FTSE グローバル・オール キャップ・インデックス
手数料:0.217%
ETF純資産総額:23,820百万円

そもそもインデックスファンドってなに??

インデックスファンドとは
市場平均に連動する運用を
目指したファンドのことになります。

市場平均に連動する運用のため
大崩れしない保守的な運用を
目指すことになります。

市場別配分

ベンチマークにFTSE グローバル・オール キャップ・インデックスとあります。

これは全世界へ分散投資を
していますよーって意味です。

ただ、50%以上は米国なので
米国市場の影響を強く受けます

実際の配分はこちらになります。

また、こちらの記事で同じベンチマークの
米国ETFであるVTを紹介しています。
より知識が深まりますし、
合わせて読んでみてね。

維持費はどれくらいかかるの??

また、気になるコストですが
年率0.217%となっています
詳しい内訳は下記の内容になっています。

0.217%(手数料)=
0.138%(信託報酬)+
0.049%(売買手数料)+0.030%(その他費用)

この表からもわかるように
かなり低コストで運用できるため
多数の方からの支持を得ています

って言われても実際にどれくらい
引かれるかわかりにくいと思います。
そこで下表をみてください。 

1万口当たり22円となっています。
1万口というと基準金額で変動するので
アバウトな数値になりますが
この投資信託では11000円ぐらいです。

そのため11000円ぐらいで
22円引かれることになりますね。

投資信託をどうやって運用しているの?

筆者は楽天証券から
積み立てNISAの制度を
活用して運用しています。

楽天全世界株式インデックスファンドには
月々1万円積み立てしています。

そもそも積み立てNISAとは??

簡単に説明しますと投資で得た利益に
対する税金がかからなくなる制度のことです。

期間は2037年までで
年間の積み立て金額は
40万円となっています。

特に20代から投資信託を開始する人に
対しては複利効果に
よって利益が出やすいため
ぜひ積み立てNISAをおススメします。

楽天・全世界株式インデックスの運用状況

2018年5月から運用を開始して
基準額より+9,640円(+8.38%)と
大きくプラスになっています。

詳細は下記のようになっています。

上のグラフの青い線が
トータルリターンになります。

基準金額に対してマイナスと
なっている時期もありましたが
現在ではトータルで+3,787円となっています。

1番大きくマイナスに
なったときでも金額-3,090円、

大きくプラスに
なったときでも金額+4,043円

これだけ見るとあまり大きくプラスに
なっていない印象ですが
これは筆者が2019年2月まで
月々3000円しか積み立てを
してなかったからだと思います。

現在は基準金額に対して+5.04%と
なっていますので
仮に100万円あれば約5万円プラスに
なる計算となります。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドのまとめ

この記事では投資信託の
楽天全世界株式インデックスファンドを
紹介してきました。
最後にポイントをおさらいしましょう!

この記事のポイント!!

・このファンドは全世界へ分散投資しているが比率の半分は米国。

・手数料は安い。

・実際に運用した結果はプラスリターン。

この商品は100円からでも投資できますし、
楽天ポイントを使っても投資できます

そのため、投資をしてみる第一歩としては
オススメの商品だと思います。

ただ、リターンだけを追い求めるなら
もっと良い商品もありますし、
色々と比較して検討すべきだと
個人的には思います。

もし良かったらクリックお願いします。
更新速度が上がるかもしれません。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

最後になりますが
ここまでお読み頂きありがとうございました。

もし良かったらはてなブックマークもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらからトップページに戻れます。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

PVアクセスランキング にほんブログ村
投資信託、ETF
スポンサーリンク
20代からできる!ばつねこの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました