【米国株】コカ・コーラを技術者の視点で業界調査!!

銘柄分析
スポンサーリンク

米国の業界って調べるのも英語とかなので
難しいし、調べにくいってなりませんか?
バツねこ(筆者)はそうでした笑

そこでこの記事では米国の個別株で
有名なコカ・コーラ【KO】について
技術者の視点で
その業界での動向を調査します。

コカ・コーラと言えば生活必需品セクターに
分類される大手飲料メーカー
です。
企業の動向を知る事で米国株への投資も
楽しくなると思いますよ。

バツねこ
バツねこ

米国の飲料業界に
ついて勉強してみよう!

3分程度で読めるので
良かったら読んでください。

スポンサーリンク

コカ・コーラの基本情報

細かい情報については割愛して
基本的な情報を紹介します。

配当利回り:2.95%
予想PER:27.03倍

配当に関しては連続増配の企業で
配当利回りも高いため安定しています。
予想PERはやや高くなっています。

ただ、グローバルな企業で
世界中にシェアを持つので
連続増配から示すように安定的な企業です。

ポイント:コカ・コーラは安定的な企業

米国飲料業界の動向

日本でもそうですが飲料業界には
脱プラスチックの波がきています。

なぜ脱プラスチックかと言うと
プラスチックはペットボトルに
使用されていますよね。
飲料業界とペットボトルは
離したくても離せない関係にあります。

詳細の説明は割愛しますが
そのペットボトルを廃棄した時に
環境問題となって世界的に問題に
なっています。

バツねこ
バツねこ

ペットボトルの問題を
なんとかしないと
環境問題を無視するって
ことだし企業イメージも
悪くなるよね。

そのため、飲料業界で
脱プラスチックの流れがきています。

ポイント:飲料業界は脱プラスチックの流れ

米国株コカ・コーラの動向調査

飲料業界は脱プラスチックの流れと
なっていますがコカ・コーラは
どういう対策をしているか調査しました。

その結果、アルミ缶の規模拡大
新素材のペットボトルの導入
しようとしている事がわかりました。

ちゃんとこの2点のポイントを
クリアすれば今後もコカ・コーラは
成長を遂げていくであろう
と思います。

バツねこ
バツねこ

世の中にうまく合わせて
対応しているんだね。

アルミ缶の規模拡大

コカ・コーラがアルミ缶で
ミネラルウォーターの販売を
始めるというニュースがありました。
余談ですがライバル企業のペプシコも
同様の取り組みをしています。

コカ・コーラが展開する
ミネラルウォーター「Dasani」が
9月からアルミ缶での販売をはじめる。
まずはアメリカ北東部で販売を開始し、
2020年には全米規模に拡大する計画。

引用元:TABILABOhttps://tabi-labo.com/292041/wt-dasani-can

このニュースより脱プラの流れから
アルミ缶が流行すると
推測していると読み取れました。
ただ、バツねこは2点ほど
懸念事項もあるのではないかと思います。

本当にアルミ缶は流行する?

バツねこはミネラルウォーターを
アルミ缶にしても流行しないと感じました
なぜなら中身が見えなくなることで
安心感がなくなります。
それは海外では受けないのではと
考えたからです。

他にも例を挙げると日本でも
昔は缶のコーヒーが
流行しましたが最近はペットボトルの
コーヒーに押され気味です。
そのため缶より持ち運びが
便利なペットボトルが良いとなるかも。

設備投資費が必要

技術者の視点で見ると
製品を作るラインが
アルミ缶とペットボトルでは
全然違います。
なのでアルミ缶にはそれ専用の製品を
作るラインが必要になるので
設備投資費がかかります
アルミ缶が流行しないことで
その設備投資費が回収できないことが
懸念事項となりますね。

スポンサーリンク

新素材のペットボトル導入

環境に良い新素材の
ペットボトルを導入予定らしいです。
技術者視点で見ると素材が
変わった場合は製造ラインも改造が
必要になりますので設備投資しないと
いけなくなります。

なぜ、改造が必要かというと
通常ペットボトルを成型する時は
小さな瓶のような物をエアで膨らませて
皆さんが知っているペットボトルができます。

そのためペットボトルの素材が変わる
=ペットボトルを成型する条件が変わる
となるので色々と
対応費がかさむかもしれません。

余談ですがこの記事で20代での米国株の
投資状況を紹介しています。

ポイント:コカ・コーラは環境を考慮した対策を実施予定

米国株コカ・コーラの業界まとめ

この記事では飲料業界での
米国株コカ・コーラの対応を
技術者視点で紹介してきました。

この記事のポイント!!

・コカ・コーラは安定的な企業

・飲料業界は脱プラスチックの流れ

・コカ・コーラは環境を考慮した対策を実施予定

コカ・コーラは世界的な企業ですし
まぁまず順調に生き残ると思いますが
その成長の陰にはこの記事で
紹介したような対応をして
常に一歩リードする企業だと感じました。

最後になりますが
皆さんにとって投資結果が
良くなりますように。。

【お得情報】株の曜日のアノマリー!米国株の曜日ごとの株価の変動を調査
【失敗談】コロナショックで退場はしないように!暴落局面での行動!
【株価暴落】暴落局面で米国ETFの株価変動を調査!

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

もし良かったらはてなブックマークもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらからトップページに戻れます。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

PVアクセスランキング にほんブログ村
銘柄分析
スポンサーリンク
20代からできる!ばつねこの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました