【ETF】MAXIS米国株式(S&P500)を紹介!手数料に要注意

投資信託、ETF
スポンサーリンク

あなたは米国株の景気が良いと
聞いたことはないですか?

ただ、いくら調子が良いとはいえ
米国市場へ投資するのはなんだか難しそう。
そういった意見もあると思います。

そこで三菱UFJ国際投信より
発表された日本の株式市場から投資できる
MAXIS米国株式(S&P500)上場投信(2558)を
紹介します。

米国株へ投資してみたいと
考えている方には必見
の記事ですよ。
具体的には下記内容を紹介します。

・MAXIS米国株式(S&P500)上場投信の紹介
・MAXIS米国ETFとVOOの違いを比較
・MAXIS米国株式(S&P500)上場投信のまとめ

ばつねこ(筆者)も知らなかった事が
あったし2分あれば読めるから
ぜひ最後まで読んでみてね。

スポンサーリンク

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信の紹介

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信は
名前の通り米国のS&P500に連動する
投資成果を目指したETF
です。

S&P500はパフォーマンスも
良いので株価の上昇が期待できますが
手数料には注意が必要なETFです。

なお、この記事はこちらのサイトの
目論見書に基づいて紹介をしています。
参考:https://maxis.mukam.jp/etf_fund/182558.html

概要

銘柄コード:2558
対象インデックス:S&P500指数
信託報酬:0.0858%(税抜 年率0.078%)
売買単位:1口
配当スケジュール
決算毎(6、12月)
配当金額:現時点では不明

ばつねこ
ばつねこ

信託報酬以外にも
手数料がかかるから
注意しようね。

手数料

手数料は他の同じような商品と
比べ少し高いので注意してくださいね。

確かに信託報酬は0.0858%で最安値です。
ただし、実際にかかる手数料は
0.14%程度
になると思われます。

目論見書のこちらのページを見てください。
特に赤く囲った所に注目します。

すると投資者が間接的に負担する費用
0.14405%=
0.0858%+0.00825%+0.05%
となります。

なお、モーニングスターさんでも
しっかりと明記されています。

ただ、上場費用(年0.0075%)や対象指数の商標(上限0.05%)などの費用がかかるため、公募投信「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」の0.104%にはやや及ばない手数料率になっている。

引用元:https://www.morningstar.co.jp/market/2019/1223/fund_00402.html

なので信託報酬だけ見ずに
全体の手数料を把握する必要があります。

スポンサーリンク

株価の推移

2020年1月時点では米国市場が
順調なので株価も右肩上がりです。

ただし、2020年1月スタートのため
ほぼデータはありません。

MAXIS米国ETFとVOOの違いを比較

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信とVOOを
比較してみましょう!

この2つのETFは同じ指標(S&P500)に
連動して動いていますので
株価には大きな差はないでしょう。

日本の市場からS&P500へ投資できることが
MAXIS米国株式(S&P500)上場投信の
メリットと言えます。

ただ、ばつねこ(筆者)はすでに
米国市場より投資経験があって
外国株式証券口座も開設済みなので
VOOのほうが手数料が安くてその分、
メリットを感じました。

ばつねこ
ばつねこ

それじゃ詳細を
説明していくよー

こちらのそれぞれの特徴を
表にしてまとめました。

MAXIS米国株式VOO
購入可能な市場日本米国
売買手数料無料無料
手数料0.14405%0.03%
購入通貨日本円米ドル
配当有り有り

ざっくり違いとしては
購入可能な市場、手数料と購入通貨
合計3点ですね。

ばつねこ
ばつねこ

どちらも為替のリスクはあるし、
すでに米国市場へ
投資している人は
VOOがおススメかな。

MAXIS米国株式はVOOに
手数料で負けているので
日本市場からS&P500へ連動するETFを
買いたい人向けの商品
になると思います。

ばつねこ
ばつねこ

こちらの記事で悪魔的に
手数料が安いVOOを
紹介しているよー

>>悪魔的に手数料が安いVOOを勉強してみる!

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信のまとめ

さてこの記事では
MAXIS米国株式(S&P500)上場投信について
紹介をしてきました。
最後におさらいをしてみましょう!

この記事のポイント!!

・MAXIS米国株式(S&P500)上場投信はS&P500に連動。

・手数料はVOOの方が安い。

・日本市場からS&P500へ投資できることがメリット。

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信は
できてまだ日が浅いですし、
これから改良されていくかもしれません。

ただ、2020年1月時点のデータでは
個人的にはVOOのほうが
メリットある
かなと思うような内容でした。

しかし、日本市場から
S&P500へ連動するETFを
購入したい人にはオススメの商品
となるので
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

その他にも当ブログでは
こちらの記事がとてもおススメです。

注目
【マル秘】20代サラリーマンでも勉強になるオススメ投資本3選
【マル秘】20代サラリーマンでも勉強になるオススメ投資本3選
投資ってよく分からないし、難しそうだから本を読んで 勉強してみようと思ったことはありませんか? だけどどんな本を読めばいいか 分からないという方も多いと思います。 そこで筆者が実際に読んだ投資本を紹介します。 投資の勉強本を探している方は必見ですよ。
注目
20代から資産形成しよう!資産運用した結果を紹介するよ!
20代から資産形成しよう!資産運用した結果を紹介するよ!
20代から投資をしている筆者の 運用成績を紹介しています。 また、20代向けに タイプ別の投資先も紹介しています。
注目
【配当生活】ブログで紹介したETFの決定版!配当や手数料も紹介
【配当生活】ブログで紹介したETFの決定版!配当や手数料も紹介
高配当などの色んなETFを 知りたい方には必見の記事です。 配当や手数料、投資対象などを紹介しています。

もし良かったらクリックお願いします。
更新速度が上がるかもしれません。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

この記事をここまで読んで
頂き本当にありがとうございました。

もし良かったらはてなブックマークもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらからトップページに戻れます。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

PVアクセスランキング にほんブログ村
投資信託、ETF
スポンサーリンク
20代からできる!ばつねこの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました