【購入注意】米国のレバレッジETFの2020年のパフォーマンスを検証!

投資信託、ETF
スポンサーリンク

米国株への投資をしていると「レバレッジETF」という悪魔的な言葉を聞くことがあると思います。

しかし、レバレッジETFについて

ばつねこ
ばつねこ

・パフォーマンスはどうなの?
・どんなレバレッジETFがあるの?

このような疑問がある人もいると思います。

そこでこの記事では色んな種類の米国レバレッジETFのパフォーマンス検証をしたいと思います。

米国株への投資をしている方に参考にして頂きたい記事です。

・米国のレバレッジETFはどんな種類があるの?
・レバレッジETFのパフォーマンスは?
・米国のレバレッジETFのまとめ

3分程度で読める内容なのでレバレッジETFに少しでも興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

米国のレバレッジETFはどんな種類があるの?

今回は楽天証券で取り扱いのあるブル型のレバレッジETF+米国債レバレッジETFを紹介しますね。

・SPXL(S&P500の3倍が目標)
・TECL(情報技術セクターの3倍が目標)
・SOXL(半導体指数の3倍が目標)
・ERX(エネルギー指数の3倍が目標)
・CURE(ヘルスケアセクターの3倍が目標)
・TMF(NYSE20年米国債指数の3倍が目標)

SPXL

あの有名なS&P500に対して連動するETFとなります。

わりとレバレッジETFでもスタンダートと言えると思います。

TECL

情報技術セクターに対して連動するETFとなります。

近年、情報技術は成績が良いのでかなり注目をされています。

SOXL

半導体の指数に対して連動するETFです。

最近、アップル関連の銘柄が少し下落しましたよね。その時に仕込んで将来期待してみたかったと一瞬だけ私は考えました笑

ERX

エネルギー指数に対して連動するETFとなります。

最近はエネルギー関連の成績がイマイチ良くないので投資するのは勇気がいりますね。

CURE

ヘルスケアセクターに対して連動するETFです。

可愛い名前をしてますがレバレッジかかってますのでなかなかの暴れん坊です。

ただ、個人的にはCUREの購入もすこーしだけ検討しているので様子はチェックしています。

TMF

レバレッジETFの相方的な存在です。NYSE20年米国債指数に対して連動します。

通常は株式の動きと逆の値動きになります。

他のレバレッジETFが下落した時にその下落を補う目的としてセットでポートフォリオに組み入れられることが多いです。

レバレッジETFのパフォーマンスは?

それでは米国株のレバレッジETFの株価の変動を紹介します。

・SPXLとTMFのパフォーマンス
・その他レバレッジETFのパフォーマンス

なお、グラフ作成のため2020年1月2日の株価を基準として100に設定しました。

その数値からどれくらい変動しているかを確認できるグラフとなっています。

結果だけ先に紹介するとこのようになりました

ティッカー基準日に対して現在の数値基準日に対して最も数値が低くなった時
SPXL(S&P500)106.7796.45
TMF(債券)125.0899.32
TECL(情報技術)118.2796.82
SOXL(半導体)97.0883.43
ERX(エネルギー)69.5864.95
CURE(ヘルスケア)102.3190.65
スポンサーリンク

SPXLとTMFのパフォーマンス

こちらのグラフが基準日からの推移グラフです。

このグラフからに2点注目するポイントがあります。

・基準日からのSPXLとTMFの株価が順調に推移している。
・SPXLとTMFはお互いを補完するような値動きになっている。

順調に推移しているのは良いですが
それよりもこの値動きならばお互いに補完しあっているのでレバレッジETFの相方としてTMFが選ばれるのも分かりますね。

その他レバレッジETFのパフォーマンス

それでは逆にTMFの相方としてSPXL以外の選択肢を考えてみましょう。

同様の条件で他のレバレッジETFの基準日からの推移グラフを作成しました。

この中でSPXLを上回ったのはTECLのみですね。TECLはよくSPXLの代わりにポートフォリオへ組み入れられることがあります。

あと個人的にはCUREにも注目しています。
今年は大統領選の年なのでその影響も受けそうですね。

ERXについては…触れないでおきましょう。

スポンサーリンク

米国のレバレッジETFのまとめ

さてこの記事では米国のレバレッジETFについて紹介をしてきました。ポイントをおさらいしましょう!

この記事のポイント!!

・SPXLとTMFはお互いを補完するような値動きになっている。

・現状、SPXLよりTECLが高成績

・レバレッジETFは基準日より40%近く下落しているものもあるので要注意

ばつねこ(筆者)のまとめ

SPXLとTMF、TECLとTMFはお互いを上手く補えるのでコンビとしてよく挙げられます。

ただ、TECLを採用している方のほうが多い印象です。

実際に調べるとパフォーマンスはTECLのほうが良かったのでSPXLではなくTECLを採用する方が多いのも納得でした。

今はTECLが覇権セクターと言えます。

ただ、今後は読めないので時期がきたら上手く乗り換えすることも必要そうです。

あとレバレッジETFは運用方法を間違えると変動の幅もすごそうです。

なので取り扱いは要注意だと思います。特にERXの成績みてるとそう思います汗

ばつねこ
ばつねこ

急にジェットコースター乗せられるような気分になりそう

その他にも当ブログでは
こちらの記事がとてもおススメです。

注目
【マル秘】20代サラリーマンでも勉強になるオススメ投資本3選
【マル秘】20代サラリーマンでも勉強になるオススメ投資本3選
投資ってよく分からないし、難しそうだから本を読んで 勉強してみようと思ったことはありませんか? だけどどんな本を読めばいいか 分からないという方も多いと思います。 そこで筆者が実際に読んだ投資本を紹介します。 投資の勉強本を探している方は必見ですよ。
注目
20代から資産形成しよう!資産運用した結果を紹介するよ!
20代から資産形成しよう!資産運用した結果を紹介するよ!
20代から投資をしている筆者の 運用成績を紹介しています。 また、20代向けに タイプ別の投資先も紹介しています。
注目
【配当生活】ブログで紹介したETFの決定版!配当や手数料も紹介
【配当生活】ブログで紹介したETFの決定版!配当や手数料も紹介
高配当などの色んなETFを 知りたい方には必見の記事です。 配当や手数料、投資対象などを紹介しています。

もし良かったらクリックお願いします。
更新速度が上がるかもしれません。

ばつねこ
ばつねこ

ブログ村のランキング上がると
モチベーションにつながるので
良ければ↓クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

レバレッジETFに関しての記事を最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

もし良かったらはてなブックマークもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらからトップページに戻れます。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

PVアクセスランキング にほんブログ村
投資信託、ETF
スポンサーリンク
20代からできる!ばつねこの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました