20代から株式投資を勉強しよう!プロ野球に例えて紹介するよ!

入門講座
スポンサーリンク

株式投資ってなんだか難しいし
怖いなぁってイメージがある方いませんか?
ばつねこ(筆者)はそう思ってました。

ばつねこ
ばつねこ

自分の興味がある分野なら
理解しやすいんだけどね。
りゅうきちの興味ある分野で
教えてみるよ。

そこで株式投資を勉強してプロ野球好きの
ばつねこ(筆者)から株式投資を
プロ野球に例えて説明できたら
分かりやすいかなぁと思ったので説明します。

りゅうきち
りゅうきち

プロ野球なら分かるし
株式投資の世界を
勉強しやすいかも!

具体的には
株式投資の仕組みと配当について
プロ野球に例えて説明します。

3分程度で読める内容ですので
株式投資の第一歩に読んで
頂けたらなと思います。

スポンサーリンク

プロ野球へどう例える?

今回、株式投資をプロ野球へ
下のように例えます。

あなたはプロ野球のオーナーの立場です。

・株の購入→選手の獲得
・株価→選手の年俸
・配当→チームの勝利数
・配当利回り→チーム勝利数/総年俸
上記のように例えて説明します。

まずは簡単な仕組みということで
株と株価についてと
皆さんが興味ある配当について
プロ野球に例えて説明したいと思います。

ポイント:株式投資をプロ野球へ例えてみる

株式投資の仕組み

さてここからが本題です。
株式投資をプロ野球へ例えて説明します。
あなたはプロ野球チームの
オーナー
だと考えて読んでください。

そもそも株や株価とは?

株とは企業が事業資金を調達するために
発行している物になります。
株価はその株の価格になります。

りゅうきち
りゅうきち

これじゃ
少し分かりにくいよ

これを例えて説明します。
株とはプロ野球選手のようなものです。
さらに言うと株価は年俸のようなものです。

あなたがプロ野球のオーナーなら
チームの勝ち星を増やすために
良い選手を獲得しますよね。
この選手獲得の仕組みが株式投資の
仕組みとそっくり
です。

ばつねこ
ばつねこ

最近だと
FA宣言した福田選手の
契約の状況をイメージすると
わかりやすいかも。

あなたはチーム(自分の利益)のために
プロ野球選手(株)を獲得(購入)します。
しかし、良い選手(良い株)
獲得
(購入)したいチームが多いため
年俸
(株価)が上昇します。
逆に獲得(購入)したいチームが少ないと
年俸
(株価)は下落します

()内の言葉は株式投資の用語です。
置き換えて説明しています。

ばつねこ
ばつねこ

なるほどね。
結局は人気があると
価値が上昇するという事だね

ポイント:プロ野球選手獲得の仕組みは株式投資の仕組みと似ている

スポンサーリンク

配当とは?配当利回りとは?

配当とは会社から出た利益を
株主へ還元することを言います。

配当利回りとはあなたが株を
購入した金額に対して1年間で
どれくらいの利益があるかを
数値化したものです。
配当利回り=(配当/購入金額)×100

りゅうきち
りゅうきち

さっきより複雑に
なってきたぞ。。。

これを例えて説明すると
配当とはチームの勝ち数のようなものです。
配当利回りとはチームの勝ち数と総年俸から
算出できるお得度
のようなものです。

ばつねこ
ばつねこ

年俸が高いチームが勝っても
お得感は少ないけど
年俸が低いとお得だよね。

あなたは自分のチームが
多くの勝ち数(配当)を得るために
選手へ年俸(投資金額)を払ってますが
年俸(投資金額)が高すぎると
勝ち数(配当)が多くても
お得感(配当利回り)がないですよね
逆に年俸(投資金額)が低いのに
勝ち数(配当)が多いと
お得感(配当利回り)がありますよね

()内の言葉は株式投資の用語です。
置き換えて説明しています。

ばつねこ
ばつねこ

確かにね。
総年俸が低いのに
勝つとオーナーからしたら
すごくお得だよね。

参考までに2019年の
プロ野球チームを代表例に
お得感(配当利回り)を算出してみます。
算出式:お得感=総年俸/勝数

中日ドラゴンズ
勝ち数:68勝
総年俸:23.0億
お得感:2.95%

ソフトバンク
勝ち数:76勝
総年俸:55.9億
お得感:1.35%

こうやって総年俸と勝ち数から
お得感を算出すると日本一のソフトバンクより
実は中日ドラゴンズのほうがお得です。
なお、実際の株式投資の世界では
配当利回りが3%を超える

お得と言われています。

ポイント:配当利回りの仕組みは総年俸における勝ち数の割合と似ている

20代株式投資の勉強まとめ

さてこの記事では20代から
株式投資の勉強を始めてみようという事で
分かりやすいように
プロ野球に例えて紹介しました。

この記事のポイント!!

・株式投資をプロ野球へ例えてみる

・プロ野球選手獲得の仕組みは株式投資の仕組みと似ている

・配当利回りの仕組みは総年俸における勝ち数の割合と似ている

あくまで簡単に敷居が低くなるように
説明してみましたが
実際にはもっと勉強しないと
いけないとばつねこ(筆者)は思います。

最後になりますが
株式投資は難しいとか怖いとかの
イメージがよくありますが
このプロ野球に例えた記事を読んで
少しでもそのイメージがなくなれば
幸いだと思っています。
もし、反響あれば第2弾の記事も更新します。
↓からツイッターへ教えてください。

株式投資の世界に興味がでてきた方は
合わせてこちらの記事も読んでみてください。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

もし良かったらはてなブックマークもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらからトップページに戻れます。

※当ブログに掲載されているコメントに
 つきましては、あくまで個人的見解に
 基づくものであり、特定銘柄への投資を
 推奨するものではありません。
 また当ブログに書かれている事は
 100%正確であるとは
 限りませんのでくれぐれも投資は
 自己責任でお願い致します。

PVアクセスランキング にほんブログ村
入門講座
スポンサーリンク
20代からできる!ばつねこの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました